個人情報保護方針

<序文>

弊社において、個人情報とはご本人様が弊社への信頼のもと、自らの意思により特定の目的での利用のために弊社に預託したものであり、 その個人情報を安全に保管し、ご本人様の意思を尊重して利用することは、経営上の重要課題であると認識しております。

弊社は、次に掲げた事項を常に念頭に置き、インターネットサービスを提供する事業者としてご本人様よりお預かりした個人情報について、 適切な取り扱いに取り組んでまいります。

1.法令の遵守

弊社は、個人情報(特定の個人を認識できるもの。以下も同様とします。)を取り扱う際に、個人情報の保護に関する法律をはじめ、その他の関連法令、および主務大臣のガイドラインに定められた義務、ならびに本方針を遵守します。個人情報は個人の重要な財産であり、当社の業務に従事するすべての者は、個人情報保護に関する個人情報保護マネジメントシステムを遵守し、個人情報を正確かつ安全に取り扱うことにより、お客様、従業者、協同他社の信頼に応える努力を続けます。

2.利用目的の範囲内での利用

弊社は、あらかじめご本人の同意を得た場合、および法令により認められた場合を除き、あらかじめ特定された利用目的の達成に必要な範囲内でのみ個人情報を取り扱い、ご本人の同意を得た範囲外での利用を防止する為の措置を講じます。

3.個人情報の取得

弊社は、あらかじめ利用目的、共同利用者の範囲、お問い合わせ窓口等の必要な情報を明示し、ご本人の同意を得たうえで個人情報を取得するよう努めます。なお、弊社では、お取引やお問い合わせに関する内容を記録あるいは録音させていただく場合がございます。

4.安全管理措置

弊社は、お預かりした個人情報を利用目的の範囲内で正確・最新の内容に保つよう努め、不正なアクセス、漏えい、改ざん、滅失、き損等を防止するため、現時点での技術水準に合わせた必要かつ適切な安全管理措置を講じ、必要に応じて是正してまいります。

5.委託先の監督

弊社は、利用目的の達成に必要な範囲内において、お預かりした個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合があります。これらの第三者は、個人情報の取り扱いにつき、十分なセキュリティ水準にあることを確認のうえ選定し、契約等を通じて、必要かつ適切な監督を行います。

6.第三者への提供

弊社は、法令により認められた場合を除き、ご本人の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供しません。なお、弊社は、オプトアウト制度(個人情報の保護に関する法律第23条第2項)を利用して、個人情報を第三者に提供しません。

7.組織活動

基本方針を具体化するため以下の活動を行います。

  1. 個人情報保護統括管理責任者を選任し、個人情報保護マネジメントシステムの実施および運用に関する責任および権限を与え、業務を行います。
  2. 個人情報保護監査責任者を選任し、個人情報保護マネジメントシステムに関する内部監査を実施します。
  3. 個人情報保護マネジメントシステムに関する内部監査に基づき、社内の規程、運用の仕方を改善します。
  4. 取引のある企業および個人に対し、規程の目的達成のための協力を要請します。
  5. 本基本方針は、当社のホームページ(URL=http://www.gamepot.co.jp/)に掲載する事により、いつでも閲覧可能な状態とします。

8.ご意見・ご相談への対応

弊社は、個人情報の開示、訂正、利用(商品やサービスの紹介)の停止、消去その他の個人情報の取り扱いに関するご意見やお問い合わせに対し、法令の規定に基づき、適切に対応いたします。
上記のお問い合わせについては、以下の窓口にて対応させていただきます。

GMOゲームポット株式会社 個人情報に関するお客さま相談窓口

9.個人情報保護マネジメントシステムの継続改善

弊社は、お預かりした個人情報を適切に取り扱うために、個人情報の管理責任者の設置、内部規程の整備、役員および従業員への教育ならびに適切な内部監査の実施等を通じて、本個人情報保護方針の見直しを含めた社内体制の継続的強化・改善に努めます。

平成13年07月07日制定
平成20年01月30日改訂
平成20年10月01日改訂
平成21年04月01日改訂
平成26年05月12日改訂

GMOゲームポット株式会社
代表取締役社長 服部 直人

コンプライアンス

当社は、内部統制システムに関する基本方針を次の通り定め、本方針に従って内部統制システムを構築、運用致します。

1.取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

  1. (1) 取締役は、取締役会で定められた経営機構及び行動規範・職務分掌等に基づき職務の執行を行う。
  2. (2) 監査役は、取締役会等の重要会議に出席する等、法令に定める権限を行使し、取締役が内部統制システムを適切に構築し、運用しているかを内部監査部門・会計監査人と連携・協力の上、監視し検証する。

2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

  1. (1)取締役は職務の執行に係る情報を社内規程等に従い、適切に保存、管理する。

3.損失の危機の管理に関する規程その他の体制

  1. (1)取締役会は、リスク管理を統括する部門を定め、当社及び子会社の損失の危険を管理する。

4.取締役の職務の遂行が効率的に行われることを確保するための体制

  1. (1)取締役会は、社内規程等を定め、取締役の職務の遂行が効率的に行われる体制を構築する。

5.使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

  1. (1)使用人は、取締役会で定められた経営機構及び行動規範・職務分掌等に基づき職務の執行を行う。
  2. (2)内部監査部門は、監査役・会計監査人と連携・協力の上、内部統制システムの整備・運用状況を監視し、検証する。

6.当該株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

  1. (1)当社の監査役は、子会社の内部統制システムが適切に整備されているかに留意し、必要に応じて法令等に定める権限を行使し、子会社の調査等を行う。
  2. (2)当社の内部監査部門は、子会社の内部統制システムが適切に整備されているかに留意し、子会社の内部統制及び外部監査の結果を監視し、検証する。
  3. (3)当社及び子会社は、必要に応じて、親会社に当社グループの経営情報を提供し、また、親会社内部監査部門との連携を行う。
  4. (4)当社及び子会社は、社内通報制度を設け、当社及び子会社の役員・使用人は親会社及び当社の窓口に直接通報することができる。

7.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に対する体制

  1. (1)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合は、当該使用人の任命を行う。

8.前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項

  1. (1)監査役の職務を補助すべき使用人の任免及び人事考課については、監査役の同意を必要とする。

9.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制

  1. (1)取締役及び使用人は、監査役から事業の報告を求められた場合は、速やかに報告する。
  2. (2)取締役及び使用人は、社内通報制度を利用した通報を受理したときは、ただちに監査役に報告する。

10. その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

  1. (1)代表取締役は、監査役との相互認識と信頼関係を深めるように努め、監査役監査の環境整備に必要な措置をとる。